TOP > 


●ゴールドコース:資格取得の最終兵器!社会人のための超効率的・ラクラク片手間勉強法!

FP技能士1級、2級、3級の資格試験の概要

FP技能士は、ファイナンシャルプランニング技能士のことです。FPというと一般的にはファイナンシャルプランナーのことを指しますが、FPになるための資格がFP技能士と考えればいいかもしれません(実際にはFPになるには資格は必要ありません)。

ファイナンシャルプランニングとは、個人資産に関する様々なプランを提案することです。その為には

・ライフプランニング

・社会保険/生命保険/損害保険

・金融商品(普通預金から投資信託、株、外貨投資等)

・税金(所得税・住民税・・・)

・不動産

・相続/贈与

等のお金に関する知識が必要になります。

そのような知識を身に付けると、「FP技能士」の資格をもらえます。FP技能士は国家資格なんです。FP技能士には、3級から1級まであり、上級にいくほど知識が優れているということになります。

FP技能士とは別に、日本FP協会が昔から実施しているものに「AFP」「CFP」があります。どっちかというと、FP技能士よりもこちらの方が世の中には知られているかもしれません。名刺にも、FP技能士って書くより、AFPって書く人のほうが多いですね。

実はFP技能士2級の検定試験はAFPの試験も兼ねています。別途、日本FP協会が認定する講座を受講していることが条件ですが、FP技能士2級の検定試験に合格すると、同時に「AFP」の合格となります。多少条件はありますが、FP技能士=AFPということになります。

また、FP技能士1級とCFPについては、CFP合格者はFP技能士1級の学科試験が免除という特典があります。

●FP技能士の資格認定まで

・ FP技能検定試験は、1級・2級・3級とも学科試験と実技試験で行われ、それぞれについて合否判定を行います。

・ 2級・3級検定試験は試験日の午前に学科試験、午後に実技試験が行なわれ、同じ日に学科試験と実技試験を受検することができます。

・ 学科試験と実技試験両方の合格で、合格した級の各相談業務のFP技能士の資格認定がされます。

○FP技能士 3級 受検概要

・ 試験は通常年3回実施されます。

・ 課目は学科試験と実技試験ですが、実技試験は「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」から目標に応じて選択が可能です。


・ 学科試験と実技試験両方の合格でFP技能士 3級の合格となります。

○FP技能士 2級 受検概要

・ 試験は通常年3回実施されます。

・ 課目は学科試験と実技試験ですが実技試験は「個人資産相談業務」「中小事業主資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」「資産設計提案業務」から目標に応じて選択が可能です。

・ 学科試験と実技試験両方の合格でFP技能士 2級の合格となります。

○FP技能士 1級 受検概要

・ 試験は通常年2回実施されます。

・ 課目は学科試験と実技試験ですが実技試験は「資産相談業務」「資産設計提案業務」から目標に応じて選択が可能です。

・ 1級学科試験合格後(または日本FP協会のCFP認定者、日本FP協会のCFP審査試験の合格者)でないと1級実技試験は受けられません。

・ 学科試験と実技試験両方の合格でFP技能士1級の合格となります。


関連エントリー